じゃぽにか恋楽帳 にさつめ〜♪

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリアブラブラしてきました その17 ムラーノ

<<   作成日時 : 2017/08/12 22:33   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 15

さてムラーノ島に向かいます。

ガラス工場は火を使うため火事が怖いのでこの島にまとめて作った…為にヴェネツィアガラスと言えばこの島。

一応ホテルから歩いて5分ほどの所にフォンダメンタ・ヌォーヴェ(F.te Nuove)という乗り場があってそこから行ける(というかそこからしか行けないw)今回サンマルコからフォンダメンタ・ヌォーヴェ経由でムラーノ直行便にタイミング合ったのでそれで…

画像


本島に比べれば全然小さな島です。コロンナ(colonna)で降りて運河沿いに歩けばお店や博物館にたどり着けます。
画像


画像


画像


飲食店とガラス屋さんでいっぱいww

運河沿いに橋を渡るとムラーノ・ガラス美術館
画像


画像


画像


ガラスの制作過程のビデオ上映や過去からのガラス器などの展示を行っています。
画像


画像


さてこの後父と弟はガラス工場見学に、母と私はお店にショッピングにいくのですが…

・・・・・・
・・・・
・・

写真がない(;´∀`)


カメラのフードひっかけて落っことしそうになったのでやばくてカメラしまっちゃったのでしたw
ガラス屋さんだからねぇ…

〜〜〜〜
ムラーノはガラス工場見学したりショッピングしたり(お土産用にピンからキリまで揃ってるw)楽しめる場所なんですが…

正直時間とれるならF.te Nuoveから朝一でトルッチェロ島(ローマ時代の遺跡とかある島、モザイクの教会サンタ・マリア・アッスンタ聖堂【Santa Maria Assunta】が有名)に行きここを1時間半ほど散策してブラーノ島(Burano:漁業とレース編みの島、お土産のレース編みは勿論カラフルな街並みでも有名)に行きここでご飯と散策、それからムラーノで博物館とガラス工場見学でもよかったかなぁ?と思います。これだとムラーノ結構厳しいのかなぁ?

〜〜〜〜

水上バスの乗継に不安があったのでサルーテ⇒ムラーノで一旦本島に戻り5時位にゴンドラに乗りに行くことにしてそれまでにお土産を買いに行くことに…

チョコが多いので夏場はねぇ…厳しいよねぇ;;

意外と学生用に買っていった(アカハラ対策、なんで私が学生に気を使わにゃならんねん)お徳用のバイコリ(2度焼きしたビスコッティみたいなもの。ヴェネチアの伝統菓子。小麦の味わいで素朴な感じ)がかっぱえびせん状態に後を引くおいしさで好評でしたがw

ゼリーっぽいお菓子とかチョコとかは(その場で食べる限り)おいしいのですが持ち帰って2〜3日日本で置くとなるとちょっとね…夏場は無理w

〜〜〜〜
そんなこんなで買い物してる最中に街中にあった教会。

小さな教会で鐘楼とかも目立たなくて入口からのぞいてみないと教会ってわからないくらいなんだけどやっぱり巡礼もどきで参拝してるクリスチャンは多いです。
画像


画像


画像


逆に観光地としては名もない教会だからこそ宗教的には心のよりどころになるような静かな趣きがでてたりします。
画像


画像


画像


本島に静かにゆっくり時間が流れていていいなぁと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
ガラスの美術館、見ごたえありましたか・・
つむぎ
2017/08/12 23:18
勝手に動いてしまいました。
ガラスの色が綺麗ですね。グリーンもオレンジ色も。
イカの入った置物、お土産にはちょっとスルーしたい気がする。
カメラの事故しなくてよかったですね。
ドジして失礼しました。
つむぎ
2017/08/12 23:23
お久しぶりです。
イタリア、どこもここも「ざ・イタリア」ですね〜。

Nyanta
2017/08/12 23:57
>つむぎ様

ヴェネツィアガラスは色使いがはっきりしていてカラフルで綺麗ですね。
イカとかエビとかもガラス細工でこんなにリアルに作れるんだよ〜ってことなんでしょうけど…
かわいくはないわなwww
月奏曲
2017/08/13 00:11
>Nyanta様
お久しぶりです。

まぁ特にイタリアらしいミラノ・フィレンツェ・ヴェネツィアだからといっちゃなんですけど特にヴェネツィアはイタリアらしいというかヴェネツィアぽいというかwww
月奏曲
2017/08/13 00:12
こんばんは。
そうかぁ、ガラス美術館なら写真OKだったんだ。私が行ったヴェネツィアン・グラス店は写真NGで全く撮れませんでした。
教会は、基本(大所?)は押さえつつ、こういった観光客の居ない地元に根付いた教会も良いですよね。市場巡りと一緒で、何となく地元の生活感に浸れるというか。。
空蝉
2017/08/13 00:24
海老やイカのガラス細工を封じ込めたのか。本物であるわけはないと思いましたが、リアル。でも、色がね。
一眼レフ、仕舞っちゃいましたか。私はハンドストラップ付けたコンデジをサブカメラとして必ず持参しますよ。最近はスマホで撮ることが多いけど・・・。
長さん
2017/08/13 15:03
ヴェネツィアガラスが綺麗ですね!
お土産品などでもお高いのでしょうか?
イカとシャコ? なぜイカとシャコなの?ww
この教会ステキ!!
大きい教会よりこの規模の教会が良い感じ。。。
やんま
2017/08/13 15:51
こんにちは

何気なく立ち寄った教会
とても風情を感じますね

無門
2017/08/13 20:03
>空蝉様
お店は危ないからダメだと思いますw美術館はフラッシュ禁止でしたが明るいから問題なかったですね。
結構教会は開放してあって出入り自由ですから面白かったです。有名どころもいいですがこういう【素顔の】教会もあじがあるというか生活感あるというか…日常を感じるいい場所ですよね。
月奏曲
2017/08/13 23:09
>長さん様
あれもガラス細工なんですが…あと実はもっとリアルなタコとかあったんですが(リアルすぎてキモい)『これだけのも作る技術あるんだよ〜』ってデモンストレーションなんでしょうけど…もうちょっと世間ウケとか考えてほしいwww

PENTAX-Qも持っていたのですが狭いお店で余計な事して割ったりしたら大変だと思ってもう写真諦めてしまってたみたいですwww
月奏曲
2017/08/13 23:12
>やんまさん
ぢつはちょっとした小物はやっすく売ってたりします、お土産用に。
ただやっすいのはなぜかここらへんで売ってるガラス器に貼ったり差し込んである【Murano Glass】の紙が入って無かったりします(笑)でも【ヴェネツィアのムラーノ】で買ったガラス器で間違いはないですからねw日本語って難しいですねwwwwwww

他にもタコとかデモ用なんでしょうけどチョイスのセンスが悪すぎですねw

地元のちっちゃな教会とか味あっていいですよ〜
月奏曲
2017/08/13 23:23
>無門様
そうですね、観光用ではない素顔の教会が見れた気がします。

日常の姿でとっても落ち着いていて良かったです。
月奏曲
2017/08/13 23:24
月奏曲ちゃん、おはようございます(^◇^)

青空の好きな私はトップ画面の青空に、感動しました(^_-)-☆
それと、火事怖いので、この島にガラス工場をまとめたって、
コメントしてあるのは、なるほどなるほどと、
とっても、納得で〜す(^_-)-☆
勿論、ガラス細工の画像も、とっても、素晴らしいです(^^)/

いつも、コメント、ありがとうございます(笑顔)
アイリス
2017/08/15 10:20
>アイリス様

あ、書き忘れてましたけど最初はここじゃなかったのです。黒死病が流行って全滅しちゃったので新しく作り直したのがムラーノです。火事の危険性があるので隔離してたのはその前から一緒みたいですね。

日本のとかバカラとかと違ったカラフルな色使いですが味わいはありますね。
技術的にも優れていて素晴らしいですよ。
月奏曲
2017/08/15 20:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリアブラブラしてきました その17 ムラーノ じゃぽにか恋楽帳 にさつめ〜♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる