じゃぽにか恋楽帳 にさつめ〜♪

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリアブラブラしてきました その14 マイナー観光地が外れとは限らない コッレール博物館

<<   作成日時 : 2017/08/09 22:29   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 10

ぶっちゃけ券あったから行っただけなんだけどwww

えーっとサンマルコ寺院から見て右手(時計塔のあるほうの棟)が旧行政館、左手(鐘楼側)が新行政館、そして対面するようにあるのがナポレオン翼(Ala Napoleonica)ナポレオンが舞踏会場として建てたんでそういう名前なんだそうで…

さてコッレール博物館なのですがヴェネツィアの貴族コッレール氏が収集した美術品(主にヴェネツィア派らしい、美術には疎いので詳細不明)絵画を中心とて展示している市立博物館だそうです(美術館ではなく博物館と訳してる理由は後述)

ナポレオン翼の2階がコッレールだそうで一階はアーケード、あまり大きそうにも見えないので正直全く期待していませんでしたwwwww

共通チケットなので入口でチケット見せると入れてくれます。階段を上がってチケットをマシンにかざして入場(だったかな?)…なんか部屋が続いてるんですけど(;´・ω・)

画像


画像


画像


なんか豪華そう、お貴族様の御屋敷っぽそう…と思いつつ進みます。解説ないし…

と思ったら部屋の隅にパウチされた解説文置いてあったwwwこの方の居室でしたw
画像


オーストリア王妃エリーザベト
プリンセスシシーとか宝塚の【エリザベート】のモデルといったほうがいいのかな?

その方の【実在した居室】だそうです。なんであるのかは不明w多分最初の方に解説あったんでしょうけどねぇ…

画像


これ浴室だかパウダールームだかだったと思うけどどう使うか全く謎。
画像


寝室。ベッドが狭い、そして監視がきつくて眠れなさそうw
画像


画像


画像


離宮みたいに使ってたのかなぁとか話しつつ3階へ。

ビックリ!結構広い、というかかな〜り広い。
そして絵画、彫刻などの美術品だけではなく当時の古地図、貨幣、民芸品、羅針盤、ガレー船の模型など当時のヴェネツィアの風俗民芸を伝えるものがたくさん展示されています(なので美術館ではなく博物館と認定)。

母に解説しながら回ってたので地図とか民芸品のところ写真撮り忘れちゃったんだよなぁ…
正直写真撮るの忘れて延々解説してたくらい面白いものいっぱいでした。当時の文化の発展の歴史とかよくわかります。

まわってると美術コーナーに、最初は彫刻
画像


画像


画像


正直彫刻の良し悪しよくわからないのでなんともいえませんがこちらに関してはミラノとフィレンツェのドゥオーモ博物館行っちゃったので…そちらのほうが…ゴメンネw

絵画に関しては面白かったかな?

画像


画像


画像


宗教画が多いのですが邸宅や教会を飾るようにできてるのか普通にキャンバスってわけじゃないし。

画像


画像


画像


むしろこちらの絵画のほうがサンマルコ寺院のより商経的で神聖な感じがしちゃったりwww

なんでか最後のほうにミイラあったよw
画像


最後出口は2階の喫茶コーナー(サンマルコ広場を一望できるサロンみたいになってる。王妃エリーザベトの居室チックな内装)を通ってグッズコーナーを抜けて最後の最後まで財布搾り取る体制。
結構時間かかって喉乾いたし冷たいものでも飲んでちょっと一服…と罠に引っかかるw


〜〜〜〜〜

サルーテ閉まってるって確認した時が確か14:15くらい。なので入館したときは14時半前後だったと思います。

17時にホテルで父たちと落ち合ってご飯ということで見学を始めてお茶しようと注文したらもう16時で【ありゃ?時間ない!】って慌てて飲んで出て来ました。
ということは【ちょっと】のつもりで1時間半くらい見学してたんだなぁ…


いやぁ、ここホント行くまで知らなかったのですが行ってみてビックリなくらい面白かったです。

ドゥカーレとコッレール回るだけでヴェネツィアお釣りくるんじゃないかってくらい良かったです。
というか最後のオーストリア王妃の居室みれるだけでも価値あるんじゃないかと…


たぶん今回の旅で一番充実した一日を過ごして翌日へ…


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
見た目は博物館というよりまるで宮殿のような感じですね。「ぶっちゃけ券あったから行っただけなんだけど…」というのが面白いなあと思いましたよ。コッレール博物館のすばらしさが伝わってきました。いいもの見せていただき、目の保養になりましたここはまだ未開の地なので…行ってみたいなあー
ミックン
2017/08/09 23:05
>ミックン様

なにしろ現地着くまで知りませんでしたからねw『共通チケットだから入れるよ〜』と教えてもらってその存在を知ったというwww

もともとが舞踏会場で王妃の居室も保存してるので確かに宮殿みたいになっています。ちょっとリッチな気分になれますw

ヴェネツィアではあまり知られていない場所ですがッ子結構見応えありますよ〜♪
おすすめです!

てか私が薦めるとヴェネツィアだけで1週間はかかりそうになりますが…(;´・ω・)
月奏曲
2017/08/09 23:20
こんばんは。
こういう所にツアーで行くなら、移動とホテル以外は全て自由時間てのにするしか無さそうですね。ま、個人旅行で行けば良いのでしょうが、、私だと移動にアタフタして中身が薄くなりそう。ww
こういう所は、観るというより、歴史を感じる場所なんでしょうね。そう思って見て居れば、色々と見えて来そうですし。。
このベッド、他に比べて何とも貧相(?)ですね。他にもっと豪華な寝所が有って、ここは仮眠場所とか?? ww
空蝉
2017/08/09 23:49
内部の構造はベルサイユ宮殿なんかと同じですね。中世の芸術・宗教絵画に興味がある人には良いところですね。ミイラがありましたか。エジプトから持って来ちゃったんですね。オペリスクなんて言う大きなものを何本も運んできちゃう先祖がいる国ですからね。
長さん
2017/08/10 11:30
月奏曲ちゃん、こんばんは(*^▽^*)

一番充実していた一日と言う事で、
良かったですね(^_-)-☆
私は、拝見していて、オーストリアのエリザベート王妃の肖像画に、
目がとまりました(^◇^)
この肖像画は、彼女の何歳くらいのものなのですかね(^_-)-☆
こんな事をコメントすると不思議に思われるかもしれませんが、
彼女の肖像画とそっくりな日本人を知っています(>_<)
ほんとに、驚きました\(◎o◎)/!

いつも、コメント、ありがとうございます(笑顔)
アイリス
2017/08/10 23:37
>空蝉様
この寝室は謎で私達も【マジかこれ?昼寝用?】とか言ってましたww
ツアーじゃここ絶対来ないよなぁ…と思いつつ回ってましたがやっぱり有名どころをあちこち回るのと腰据えて一箇所回るのとでは視点も過ごし方も変わりそうですね。

今回ここを回れた、というのは収穫だったと思います。
月奏曲
2017/08/11 00:01
>長さん様
あ〜ベルサイユ調なんですね。私フランスには縁なくてwなかなかゴージャスだったです。
そうですね中世の宗教観に伴った絵画などがじっくり楽しめますね。結構勉強になったなぁ。楽しかったです。

まぁ、なんかパクったり買いたたいたりしたんだろうなぁ…みたいな空気も感じましたwwww
月奏曲
2017/08/11 00:05
>アイリス様

よくわかりませんが30〜40代の頃じゃないですかねぇ?
この方20代の頃すっごい細かった人で若干顔丸くなってますからちょっとお歳めされてからかと
月奏曲
2017/08/11 00:06
こんにちは

芸術作品が
あふれていますね
一日二日では
その神髄に迫れませんね
無門
2017/08/11 10:25
>無門様

こことドゥカーレは非常に素晴らしい博物館であり美術館です。
正直この二つ回るのも結構時間かかりますからねぇ…とはいえそれ言いだしちゃうとヴェネツィアにしばらく住まないといけませんし痛しかゆしですねw
月奏曲
2017/08/11 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリアブラブラしてきました その14 マイナー観光地が外れとは限らない コッレール博物館 じゃぽにか恋楽帳 にさつめ〜♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる