じゃぽにか恋楽帳 にさつめ〜♪

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリアブラブラしてきましたしてきました その13 サンマルコ寺院と朝撮りしたサンマルコ広場

<<   作成日時 : 2017/08/08 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

さて思ったよりドゥカーレ宮殿で時間かかって…その分非常に満足したから良いのですがw
次なるサンマルコ寺院へ(隣)
ここ写真禁止なので位置関係紹介も含めて朝撮ったサンマルコ広場の写真とかも混ぜますね。

結構混んでます。
画像


これが鐘楼かな?
画像


映画インフェルノで【首を切られた馬】で出てきた馬の像
画像


有料な場所あるのにチケット売り場がない…いつものごとく別の変なところにあるのかと両親を列に並ばせて弟と探索。カテドラル入り口に説明が…

どうも入るだけなら無料で有料スペースはそこで入場料支払う形式のよう…っと手荷物禁止!!!

カテドラル横の時計塔の横の路地入るとあるっぽいような地図。
覗いてみると普通にドアが開いていて(看板とかなしw)荷物持った人が入って言って手ぶらな人が出てくるからたぶんここ。弟にバック預けてダッシュで戻って両親の荷物抱えてクロークへ…戻ったらあと五組くらいでうちらの入場の番だったwアブネwww


さてサンマルコ寺院の印象ですが、無料で好印象だったのですが宝物で2€だったかな?中央祭壇の裏(金襴緞子)が5€、2階テラスが5€…ちょっとまてwwwww

規模が確実に数倍レベルでかくて内容も歴史を十分に感じさせる重厚かつ豪華で美術品も多数、しかも他2つの博物館に入場もできるドゥカーレ宮殿が16€を考えると滅茶苦茶高くつくやんwwwww

でもこれ払わないで観ないでもいいけど後で【結局あそこどうだったんだろう?】ってなると後悔しちゃうからついみちゃうんですよね。

こういうの【たけのこ剥ぎ】商法っていうんだよ、ボクシッテルヨ。

ちなみに結論から言いますと【2€の宝物以外見なくていいんじゃね?】って感じですw
サンマルコ広場はコッレール博物館からも見れましたし。

寺院の印象としましてもミラノ・フィレンツェと比べると…う〜ん…

いえね、豪華なんですよ。色々あって立派なんですけどね。
なんというかミラノみたいにヴァチカンと張り合う気概というかミラノの威信をかけて容儀を整えました感みたいな気迫と重厚感はないです。

またフィレンツェみたいに『うちの街も立派になったし司教座も置けるようになったのでみんなの象徴となる立派な大聖堂建てました』みたいな街の象徴かつみなの中心でよりどころみたいな親愛感のようなものもないです。

商業国家でオリエントとイスラムの影響もあってローマカソリックの世界観だけではなくギリシア正教の様式やイスラム様式を含んでいるせいかもしれません。

なんというか、ミラノが天皇や将軍が威信をかけて荘厳に作った寺社みたいな感じでフィレンツェは門前町が発展して町民の寄進で雄壮に改装がなった寺社みたいな感じ。

そんな中でサンマルコ寺院はちょっと成金がお金にあかせて作った豪華な寺社…みたいな感じかな?偏見含んでますがwww

とはいえみどころもいっぱいあるんですがww

〜〜〜〜

ということで朝の人気のないサンマルコ寺院
画像


広場もすっからかんw
画像


夜のうちに並かぶったのか水たまりできてますw
奥の位置に次回のコッレール博物館があります。

ウマ
画像


馬の上の【有翼の獅子】がヴェネツィアの象徴。ヴェネツィアの旗もこれ。
もともとは聖マルコ(サンマルコ)の象徴として描かれていたのが有翼の獅子。アレキサンドリアの初代総主教でアレキサンドリアにあった聖遺物をヴェネツィア商人が火事場泥棒的に買い取ってヴェネツィアの象徴としたもの。
そのイメージあるのでサンマルコ寺院に成金のイメージがちょっと…

時計塔
画像


横の黄色っぽい建物との間の路地入るとクロークだったと思います。

画像


対岸の二つの教会

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会
画像

水辺の貴婦人と呼ばれる教会。ここに行かなかったのは失敗したと思っています。
6€で鐘楼に登れてしかもここエレベーターです。
サンマルコの鐘楼とか若干位置違うにせよ海沿いで見晴らしの良い景色が見れるそうです。
またティントレットの『マナの収集』『最後の晩餐』の2枚の絵があるっぽいです。おすすめ。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂
画像


イタリアで最も写真を撮られる教会。と言われるほど美しい教会。なんか八角形。
静かで落ち着いてる良い教会なんだけど一回目はお昼で入れず。2回目はカテドラルには入れたんだけどティントレットの絵がある場所にはなんでか入れず。ちなみに基本無料でティントレット見たい場合は4€。安い!ここもお時間あるならおすすめ!

サンマルコ寺院の歴史と成り立ちを感じさせる絵、諸々。
画像


画像


画像


画像


画像


こういう場面でターバンとか出て来ちゃうからなんか異教徒感が私ぬぐえないんですよね。

〜〜〜

サンマルコ寺院を見学終了したらもうお昼すぎてます。
広場の横はこんな感じでショッピングモール。飲食店もあるんだけど
画像


それより一本裏道がトラットリアとかピザ屋さんとかいっぱいあって賑わっていたのでこちらで…
画像


でご飯の後でサルーテ聖堂行ったら3時までお休みって…(当時2:15位だったと思うw)

父と弟は博物館興味ないんで…とホテルに戻っちゃいましたが私と母はドゥカーレ宮殿のチケットで入れるコッレール博物館へ(勿体ないからwww)行くことに。

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
う〜ん、やっぱり旅行の中身の濃さが全然違いますね。私のは素通りしたって感じの旅だったし。(笑
あ、ここは京都観光みたいに行く先々で入場料取られるですね。少額でも何ケ所も行くと、、ってヤツですね。観るべき場所はイッパイ有るし、ここに一週間も滞在したら身ぐるみ剥がされそう。(笑
人気、一瞬「にんき」って読んだ。日本語は難しい・・。ww
空蝉
2017/08/09 00:35
月奏曲ちゃん、おはようございます(^◇^)

コメントされていますが、私もイタリアの寺院の壁画に、
ターバン巻いた人たちが描かれていると、
とても、不思議に思うと同時に、
日本みたいに島国じゃなくて、ヨーロッパは、
いろんな宗教の民族が、時代時代に、移り変わったんだなと、
改めて、実感しました(^^)/

いつも、お立ち寄り頂きまして、ありがとうございます(笑顔)
アイリス
2017/08/09 09:43
宿泊して色々見ることが出来るのは個人ツアーの良いところですね。
広場に、冠水した時のための足場みたいなものが積み上げられていないので、今は水位が低いようですね。
妻と行ったツアーは、橋を渡って右手のツアー専用みたいなところから船でサンマルコ広場へ。すぐ昼食で、ぐるぐる歩いてガラス工場見学。広場に戻ってサンマルコ寺院の中に15分ほど入ったような。そしてフリータイム(オプションはゴンドラ)、18時頃に船で戻るという、ヴェネチアの雰囲気をちょっと味わう程度でした。北イタリアをぐるっと回るツアーなんで、日程的に仕方がないのかもしれません。
長さん
2017/08/09 11:22
>空蝉様
ここは歩くたびにお金が減る方式ですwww意外と価格設定が良心的(に見える)でうっかりするとガリガリ財布削られています。食事からお土産から絶妙な値段設定ですねwwww

あ〜やっぱりツアーとは違いますか…次はツアーで楽しようと思ったのですがなんか私の旅行スタイルにはツアーあわなそうな気が…
月奏曲
2017/08/09 23:05
>アイリス様
ヴェネツィアは比較的歴史の長い都市国家ですから各国の興亡史も文化遺産に伺えます。
オリエントがあってラテンが来てイスラムが攻めてくる…大陸の興亡史が詰まってますね。

そういうの生で観れたのはいい経験だったと思います。
月奏曲
2017/08/09 23:08
>長さん様

あ〜…ツアーだと同じ日数でももっと沢山の場所に回れるじゃないですか?
次からはそっちのがいいんじゃないか?とか思ってたのですが空蝉様のお話とあわせて【やっぱツアーは表面なぞる感じで内容は薄くなるのかな?じっくり回りたいタイプは個人のがいいのかな?】と考えるように…

結局ツアーのメリットってなんなのでしょうね?ガイドの存在と言葉の壁の解消?
月奏曲
2017/08/09 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリアブラブラしてきましたしてきました その13 サンマルコ寺院と朝撮りしたサンマルコ広場 じゃぽにか恋楽帳 にさつめ〜♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる